ここを訪れた方の疑問が少しでも解決できればいいなと思ってます。
スポンサーリンク

『WP Super Cache』でWordPressを高速化しよう!

WP Super CacheサムネイルWordPress

サイトの表示が遅い!!

WordPressでサイト運営しているとどうしてもこの問題にブチ当たります。

WordPressは比較的簡単にブログやWebサイトが作れますが、画像やプラグインを増やしていくとどうしても表示が重くなりがち。

そんな悩みを解決してくれるプラグインの一つが、この「WP Super Cache」です。

WordPressを使っているなら導入しておいて損の無いプラグインですので、ぜひ入れておきましょう。

WP Super Cacheってどんなプラグイン?

WP Super Cache

「WP Super Cache」は、キャッシュ機能でサイトのページ表示を高速化できるWordPressのプラグインで、キャッシュ系のプラグインで有名なものの1つと言えるでしょう。

WordPressは記事ページを表示するときに、記事情報をデータベースから読み込んで記事ページを表示しています。

ですが、「WP Super Cache」を導入することにより、表示された記事ページをキャッシュとして一時的に保存し、次からのアクセスに対してはこのキャッシュを表示することでサイト表示を早くすることができるのです。

他にもキャッシュ系のプラグインはいくつもありますが、「WP Super Cache」は設定項目がシンプルで初心者でも使いやすく、PCやスマホなどのモバイルサイトの両方に対応しているのおすすめです。

 

※ インストール前にWordPressのバックアップを取ろう。

新しいプラグインをインストールすると、たまに不具合が起こる可能性がありますので、いつでも復元できるようにしましょう。

\ バックアップ方法はこちらから /
WordPressをプラグインで簡単バックアップ&復元
WordPressのバックアップってどうやって取ればいいの? WordPressのバックアップは定期的に取っておいたほうがいいって聞くけど、実際にどうしたらいいのかよく分かりませんよね。 バックアップの方...

WP Super Cacheのインストールと有効化

ここからは「WP Super Cache」の導入方法を説明していきましょう。

まずはWordPressの管理画面、左側メニューから「プラグイン」→「新規追加」とクリック。

の検索窓に「WP Super Cache」と入力し、の「今すぐインストール」をクリックします。

WordPress管理画面

 

インストールが終わったら、「有効化」をクリック。

WP Super Cacheのプラグイン

これで「WP Super Cache」のインストールと有効化は完了です。

WP Super Cacheの設定

この時点では「WP Super Cache」はまだ機能していませんので、キャッシュ化してくれるように設定をしましょう。

WordPressの管理画面、左側メニューの「設定」→「WP Super Cache」と選択。

WordPressの管理画面

「WP Super Cache」の設定画面が表示されるので、次に「簡易」「詳細」の項目を設定していきます。

WP Super Cache設定画面 上部タブ

簡易設定

インストールしただけではキャッシングの機能が停止していますので、「簡易」タブの画面で「キャッシング利用(推奨)」を選択して、「ステータスを更新」をクリックしましょう。

WP Super Cache設定画面 簡易タブ

これでサイトがキャッシングされるようになります。

詳細設定

次に「詳細」タブの設定です。

設定項目がたくさんありますが、基本的に(推奨)書かれた項目にチェックを入れておけばOKです。

WP Super Cache設定画面 詳細タブ

 

チェックを入れたら、ちょっと下のほうにある「ステータスを更新」をクリックして設定は完了です。

ステータスを更新

WP Super Cacheを使う上での注意点

WP Super Cacheを導入する前にバックアップを取る

「WP Super Cache」はページをキャッシュ化するために「.htaccess」というファイルを書き換えます。

導入後に何か不具合が起こる可能性もありますので、いつでも導入前の状態に戻せるように必ずバックアップは取っておきましょう。

ファイルを更新するときは必ずキャッシュの削除をする

もしPHPやCSSなどのファイルを追記・修正した場合は必ずキャッシュの削除をしましょう。

これをしなかった場合、ファイルを変更しても変更前にキャッシュされたページが表示されてしまいます。

やり方は「WP Super Cache」の設定画面、「コンテンツ」のタブから出来ます。

期限切れキャッシュを削除」と「キャッシュを削除」どちらも削除しましょう。

ECサイトではWP Super Cacheを使わない

「WP Super Cache」だけではなく、キャッシュ系のプラグインは、ECサイトなどログイン機能がある会員制サイトでの運用は考えられていないようです。

ECサイトだと、購入履歴などがキャッシュ化されてしまい、別のユーザーの購入履歴が見れてしまう場合がありますので使わないようにしましょう。

WP Super CacheでWordPressを高速化【まとめ】

「WP Super Cache」は、導入するだけでサイトのページをキャッシュ化し、表示を高速化できるWordPressプラグインです。

これ一つで劇的にサイト表示が速くなるわけではないですが、他のプラグインなどと組み合わせて、見に来てくれた方々が快適にサイトを閲覧してもらえるようにしましょう。

こういうことの積み重ねがユーザビリティ向上につながりますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました