ここを訪れた方の疑問が少しでも解決できればいいなと思ってます。
スポンサーリンク

WordPressをプラグインで簡単バックアップ&復元

WordPress

WordPressのバックアップってどうやって取ればいいの?

WordPressのバックアップは定期的に取っておいたほうがいいって聞くけど、実際にどうしたらいいのかよく分かりませんよね。

バックアップの方法もいくつか種類があり、どれを選べばいいのか・・・

そんなあなたに今回は、プラグインを使ったお手軽にバックアップできる方法をご紹介します。

まずはどんなバックアップ方法があるのか確認して置きましょう。

WordPressのバックアップ方法は3種類

WordPressのバックアップ方法は大まかに3種類あります。

  • サーバー側で自動バックアップ
  • FTPソフトを使って手動でバックアップ
  • プラグインを使ったバックアップ

サーバー側で自動バックアップ

契約しているレンタルサーバーで自動でバックアップしてくれるサービスがあります。

自分が運営するWordPressサイトに何かあったときはサーバー会社に連絡をすればバックアップを復元することが可能。

ですが、サーバーによって無料だったり有料だったり様々で、バックアップは無料で復元は有料の場合もあります。

FTPソフトを使って手動でバックアップ

FTPソフトを使えば、手動でバックアップすることが出来ます。

ファイルごとのバックアップも可能ですが、慣れていないとどのファイルをバックアップすればいいのか分からなかったり、そもそもFTPソフトの設定の方法が難しく感じてしまう方もいるでしょう。

プラグインを使ったバックアップ

WordPressのプラグインを使えば、無料で簡単にバックアップを取ることが出来ます。

今回ご紹介する「UpdraftPlus」というプラグインであれば、何かあったときに復元も簡単に出来るのでおススメの方法です。

ここからはこの「UpdraftPlus」を使ったバックアップ方法をご紹介します。

「UpdraftPlus」を使ったWordPressのバックアップ方法

「UpdraftPlus」とは

UpdraftPlus

「UpdraftPlus」は、WordPressで作ったサイトを丸ごとバックアップして、さらには復元まで簡単にできるプラグインです。

バックアップの保存先は、様々なオンラインストレージサービスやFTP接続に対応していて、別途用意したオンラインストレージサービスにバックアップしたり、別途契約したレンタルサーバーにFTP接続でバックアップをを保存することができます。

有料版と無料版があり、有料版を選択すれば色々な追加機能を使うことが出来ますが、個人仕様であれば無料版で十分でしょう。

「UpdraftPlus」のインストールと有効化

まずはWordPressの管理画面、左側メニューから「プラグイン」→「新規追加」と選択し、の検索窓に「UpdraftPlus」と入力。

「UpdraftPlus WordPress Backup Plugin」が表示されたら「今すぐインストール」をクリック。

WordPress管理画面

 

インストールが完了したら「有効化」をクリックします。

UpdaftPlus有効化

 

これでインストールと有効化は完了です。

インストール済みプラグインの画面になるので「Press here to start!」をクリックすると「UpdraftPlus」の設定画面になります。

「UpdraftPlus」の使い方

ここからは「UpdraftPlus」の使い方となります。

とりあえずバックアップしてみる

細かい設定をしないでとりあえずバックアップを試すことが出来ます。

新しくプラグインをインストールするときなどは、この方法でとりあえずバックアップしておくのもいいかもしれません。

試してみたい方は簡単に出来ますのでやってみましょう。

まずは「Your first backup」の右側の「×」をクリックし、「今すぐバックアップ」をクリックします。

UpdraftPlusの今すぐバックアップの画面

 

次の「UpdraftPlus – Perform a backup」の画面で「今すぐバックアップ」をクリックすればバックアップが開始されます。

この時、下記の画像の赤枠の中の(…)をクリックすれば、バックアップするファイルを選択することが出来ます。

今すぐバックアップ、ファイル選択画面

 

しばらく待てばバックアップ完了です。

バックアップ完了画面

バックアップの復元方法

今度はバックアップしたファイルを復元してみましょう。

先程と同じ画面の下のほうに、バックアップしたファイル表示されているので、右側の「復元」をクリックします。

バックアップ復元画面

 

次に復元するファイルを選択できます。選択したら「復元」をクリック。

復元ファイル選択画面

 

これで準備が整いましたので、もう一度「復元」をクリックして復元開始です。

復元準備完了画面

 

しばらく待つと「Restore successful!」と表示されて復元完了です。

バックアップも復元も簡単にできるので、これなら手軽にできますね。

クラウドドライブに定期バックアップ

「UpdraftPlus」は様々なクラウドドライブに、定期的にバックアップされるように設定することが出来ます。

保存先のクラウドドライブは色々あるのですが、今回は一般的な「Google Drive」でご説明します。

「Google Drive」はGoogleのアカウントを持っていれば誰でも使えて、容量も15GBまでは無料なので、使い勝手もよくお得です♪

まずWordPressの管理画面、左側メニューから「設定」→「UpdraftPlus Backup」と選択し、「UpdraftPlus」の設定画面を開きます。

WordPress管理画面左側メニュー

バックアップスケジュールを決める

設定」のタブを開きバックアップのスケジュールを決めていきます。

毎日ブログを更新するような方は毎日バックアップしてもいいでしょう。

このブログは1週間に1~2回程度の更新なので、1週間ごとにしました。

下記画像の右側赤枠の部分は、バックアップをいくつ保存しておくかの設定です。

デフォルトは保持数2ですが、今回は1ヶ月さかのぼれるように4に設定しました。

スケジュール設定画面

「Google Drive」を保存先として選択する

次に保存先を選択します。

色々ありますが、今回は「Google Drive」をクリックします。

保存先の設定画面

 

するとすぐ下に下記のような画面が表示されますので、「Google で認証」の右側のリンクをクリックします。

Google Driveのリンク画面

 

次にGoogleのアカウント選択画面に移動しますので、使用するアカウントを選択します。

Googleアカウント選択画面

 

次に「UpdraftPlus」が選択したアカウントにアクセスしていいか聞かれますので、よければ「許可」をクリック。

UpdraftPlusがGoogleアカウントへアクセスをリクエスト

 

すると下記の画面になりますので、「Complete setup」をクリックし、「UpdraftPlus」の設定画面に戻ります。

UpdraftPlus設定完了画面

 

「UpdraftPlus」の設定画面に戻ったら再度「設定」のタブを開き、画面を下へスクロールしてGoogle Driveの欄を表示させます。

日本語が変ですが、「あなたはすでに認証されるようです」と表示されていれば成功です。

Google Drive認証確認

 

そのまま画面を下のほうまでスクロールして「変更を保存」をクリックすれば、スケジュールと保存先の設定は完了です。

変更を保存

保存先が「Google Drive」になっているか実際に確認してみる

「Google Drive」に保存されるか、実際にバックアップして確かめてみましょう。

最初にバックアップした方法と同じように、「UpdraftPlus」設定画面の「Backup / Restore」のタブ画面から「今すぐバックアップ」でバックアップを開始します。

今すぐバックアップの画面

 

バックアップが完了して、バックアップ済み一覧のところを見ると、小さくて少しわかりにくいですが、「Google Drive」のマークが付いています。

ちゃんと「Google Drive」に保存されてるみたいですね。

バックアップ済み一覧

 

念のため「Google Drive」にもアクセスして確認してみました。

マイドライブに「UpdraftPlus」のフォルダが作られ、その中にバックアップファイルが保存されているのが分かります。

Google Drive

 

しっかりと「Google Drive」にバックアップデータが保存されているのが分かりました。

これで何かあったときも安心ですね。

WordPressのバックアップ&復元【まとめ】

バックアップはとても大事な作業です。

今回紹介した「UpdraftPlus」を使えば簡単にバックアップを取ることができて、復元もできます。

WordPressにプラグインを導入する際や、テーマを変更する際は必ずバックアップを取るようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました