ここを訪れた方の疑問が少しでも解決できればいいなと思ってます。
スポンサーリンク

『Really Simple SSL』でWordPressを簡単にhttps化

Really Simple SSLサムネイルWordPress

ブログやサイトをhttps化するって、なんだか難しそう・・・

確かに一つ一つ手作業で設定を変更したりするのは専門的な知識も必要になり、なかなかハードルの高い作業となります。

でも「Really Simple SSL」というプラグインを使えば、とっても簡単にWordPressをhttps化できちゃいます。

今回はそんな「Really Simple SSL」の導入から使い方までしっかりと説明します。

そもそもhttps化なに?

このブログで言うとURLの頭の部分が「http://cryptobotti.site」が「https://cryptobotti.site」になることです。

じゃあhttpとhttpsで何が違うでしょう?

すごくざっくり言うと「httpよりhttpsで通信した方が安全な通信」ということになります。

googleなどの大手検索エンジンもhttps化を推奨していて、既にGoogle Chromeのブラウザではhttpsではないウェブサイトに対して警告が出るようになっています。

https化するメリット

  1. セキュリティの向上
  2. 信頼性の向上
  3. SEOで優遇される
  4. HTTP/2対応ブラウザで表示速度が向上
  5. アクセス解析の精度が向上

などがあげられます。

https化するデメリット

  1. ソーシャルボタンのカウントがリセットされる
  2. https非対応のツールや広告が表示されない

このようにデメリットはあるのですが、https化するメリットも大きいので、今後のことも考えてhttps化は必須と言えるかもしれません。

WordPressをhttps化しよう

少し前置きが長くなってしまいましたが、ここからはhttps化のやり方についてご説明します。

サーバーの確認

最近ですと、多くのレンタルサーバーが無料でSSLに対応していますが、念のため「SSL利用可能」とか「https化可能」記載があるか確認をしましょう。

ちなみにこのブログは「FUTOKA」というレンタルサーバーを使っているのですが、無料でSSLに対応しています。

FUTOKAトップページの無料独自SSL表記

SSLの設定は不要で、SSLの更新も自動でしてくれますので、独自ドメインをFUTOKAに登録している方は全員https化が出来ます。

FUTOKAのSSL確認方法

FUTOKAのトップページで「無料独自SSL付き」とは書いてあるのですが、念のため確認する方法をご紹介します。

まずはFUTOKAのトップページからログインしましょう。

FUTOKAのトップページはこちら

ログインしたら「サーバーパネル」にログインします。

サーバパネルにログイン

 

サーバーパネルにログインしたら、左側のメニューから「cPanelログイン」をクリック。

左側のメニューのcPanelログイン

 

SECURITY枠の中にある、「SSL/TLS Status」をクリック。

SECURITY枠の中にあるSSL/TLS Status

 

そうすると画面右側に「このドメインは検証済みのじどうSSLで、有効期限は〇年〇月〇日」というようなことが書いてあります。

有効期限は書いてありますが、更新は自動でしてくれます。

これで自分のドメインがSSLに対応していることが確認できました。

「Really Simple SSL」の使い方

Really Simple SSLロゴ

ここからは「Really Simple SSL」のインストールと使い方をご説明します。

 

※ インストール前にWordPressのバックアップを取ろう。

新しいプラグインをインストールすると、たまに不具合が起こる可能性がありますので、いつでも復元できるようにしましょう。

\ バックアップ方法はこちらから /
WordPressをプラグインで簡単バックアップ&復元
WordPressのバックアップってどうやって取ればいいの? WordPressのバックアップは定期的に取っておいたほうがいいって聞くけど、実際にどうしたらいいのかよく分かりませんよね。 バックアップの方...

「Really Simple SSL」のインストール方法

まずはWordPressの管理画面左側のメニューから「プラグイン」→「新規追加」を選びます。

管理画面左側のメニュー「プラグイン」「新規追加」

 

プラグインを追加の画面になったら、赤枠の部分に「Really Simple SSL」と入力。

プラグインを追加の画面、赤枠の部分に「Really Simple SSL」

 

「Really Simple SSL」が表示されたら、「今すぐインストール」をクリック。

「Really Simple SSL」「今すぐインストール」

 

インストールが終わったら「有効化」をクリック。

「Really Simple SSL」「有効化」

プラグインの注意書きを確認して SSL を有効化

特に問題が無ければ「はい、SSL を有効化します。」をクリックします。

もし変更点がある場合でも、あとから変更できます。

 

これでSSLが有効になり、https化は完了です。

URLを確認してみる

下記は「Firefox」のブラウザのアドレスバーです。

https化前

https化後

URLがhttpsと表示され、その前に「安全な接続」のマークがつきました。

Googleアナリティクスの設定を変更

サイトをGoogleアナリティクスに登録している方は、アナリティクスの設定を変更しないと閲覧データが反映されません。

こちらは簡単な設定なのでサクッと変更してしまいましょう。

まずはGoogleアナリティクスにアクセスします。

左側メニューの下のほう、「管理」をクリック。

アナリティクス、左側メニューの管理

 

管理の画面の真ん中、一番上の「プロパティ設定」をクリック。

管理の画面の真ん中、一番上のプロパティ設定

 

プロパティ設定の「デフォルトのURL」の項目で、①の赤枠の部分をクリックすると、「http://」と「https://」が表示されるので「https://」を選択。

プロパティ設定の「デフォルトのURL」の項目で、①の赤枠の部分

 

そのまま下のほうにスクロールして、「保存」をクリック。

保存をクリック

 

これでGoogleアナリティクスの設定は完了です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

作業としては意外と簡単だったんじゃないかと思います。

https化をしたからと言って、すごくアクセスが伸びるというわけじゃないですが、やっておいて損はないでしょう。

今後、長くブログやサイト運営を続けていくのであれば、ぜひチャレンジしてみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました