ここを訪れた方の疑問が少しでも解決できればいいなと思ってます。

「Google XML Sitemaps」の設定方法をわかりやすく解説

Google XML SitemapsサムネイルWordPress

サイトマップを設定してますか?

サイトマップが設定されていないと、記事を公開してから検索結果に反映されるまで時間がかかってしまう場合があります。

いくらすばらしい記事を書いても、検索結果に反映されなければ当然だれも見に来てくれません。

あなたががんばって書いた記事を少しでも早く色々な人に見てもらうために、今すぐ「Google XML Sitemaps」を設定して検索結果に反映させましょう。

「Google XML Sitemaps」とは

Google XML Sitemaps

「Google XML Sitemaps」は、ウェブ上のクローラーにブログを巡回してもらうためのプラグインです

クローラーとは、ウェブサイトを巡回して、その内容を検索エンジンに反映させるのが役割。

サイトマップが設定されていないと、クローラーがスムーズにあなたのブログを巡回できず、記事を公開してから検索結果に反映されるまでに時間がかかる可能性があります。

「Google XML Sitemaps」はそのサイトマップを作成してくれる、ブログ運営には欠かせないプラグインなのです。

  • 記事を公開・更新する度にサイトマップを自動で作成
  • Googleが推奨する内容でサイトマップを作成
  • サイトマップが作成されると自動で検索エンジンに通知

「Google XML Sitemaps」のインストールと有効化

※ インストール前にWordPressのバックアップを取ろう。

新しいプラグインをインストールすると、たまに不具合が起こる可能性がありますので、いつでも復元できるようにしましょう。

\ バックアップ方法はこちらから /
WordPressをプラグインで簡単バックアップ&復元
WordPressのバックアップってどうやって取ればいいの? WordPressのバックアップは定期的に取っておいたほうがいいって聞くけど、実際にどうしたらいいのかよく分かりませんよね。 バックアップの方...

 

まずはインストールからです。

WordPress管理画面の左側メニューから、「プラグイン」→「新規追加」と選択し、の検索窓に「Google XML Sitemaps」と入力します。

「Google XML Sitemaps」が表示されたら「今すぐインストール」をクリック。

WordPress管理画面

 

インストールが終わったら「有効化」をクリックします。

Google XML Sitemaps有効化

「Google XML Sitemaps」の設定方法

チェックボックスにチェックしていくだけなので、サクッと設定してしまいましょう。

まずはWordPress管理画面の左側メニューから「設定」→「XML-Sitemap」と選択し、「Google XML Sitemaps」の設定画面を開きます。

WordPress管理画面左側メニュー

設定する項目は4つです。

  • 基本的な設定
  • 表示設定
  • 更新頻度の設定
  • 優先順位の設定

これ以外は基本的にデフォルトでOKです。

基本な設定

ここでは上の3項目すべてにチェックを入れましょう。

基本的な設定

1番上はGoogle、2番目はBingへブログを更新すると通知が行くようになり、3番目は検索エンジンサイトマップの場所を正確に伝える設定です。

その下の「高度な設定」はそのままデフォルトでOK。

投稿の優先順位

ここでは一番上の「優先順位を自動的に計算しない」を選択。

優先順位は後で設定します。

投稿の優先順位

Sitemap コンテンツ

ここではサイトマップに載せる内容を指定します。

下記の4つの項目にチェックを入れましょう。

  • ホームページ
  • 投稿 (個別記事) を含める
  • カテゴリーページを含める
  • 最終更新時刻を含める。

Sitemap コンテンツ

SEO的に重要だと思われる部分にチェックを入れてます。

このことで、サイトマップにはコンテンツに関わる重要なページだけを掲載し、クローラーが検索エンジンに不要なページを見に行かないようにします。

Excluded Items

ここではサイトマップに載せたくないカテゴリーとページを指定できます。

特に無い場合はそのままでOK。

Excluded Items

個別記事を除外したい場合は「URL」ではなく「ID」を入力します。

IDとは、「投稿一覧」で記事タイトルにカーソルを合わせると画面下に表示される数字になります。

ページID

Change Frequencies

ここでは検索エンジンに通知するサイトマップをコンテンツごとに設定します。

これをヒントとしてクローラーがサイトを巡回しますので、しっかりと設定しましょう。

下記の設定は一例ですが、だいたいこんな感じで設定しておけば間違えないかと思います。

Change Frequencies

優先順位の設定 (priority)

ここでは「投稿の優先順位」で「優先順位を自動的に計算しない」にチェックを入れた場合に有効となり、コンテンツごとに優先順位をつけることができます。

1.0が順位が高く、0.1が低い順位。

さほど重要でない項目は低い順位にしておいてOKです。

下記のような順位で大丈夫でしょう。

優先順位の設定 (priority)

すべての設定が終わったら「設定を更新」をクリックして設定を保存します。

これで「Google XML Sitemaps」の設定は完了しました。

Googleサーチコンソールにサイトマップを追加する

最後に、サーチコンソールでサイトマップを追加しましょう。

これをしないと、新しく追加した記事をなかなかGoogleが認識してくれません。

あとちょっとですべての作業が完了しますのでサクッとやってしまいましょう。

サーチコンソール」にログインしたら、左側メニューの「サイトマップ」をクリックします。

の部分に「sitemap.xml」と入力し、の「送信」をクリック。

「送信されたサイトマップ」のの部分に「成功しました」と表示されれば無事完了です。

「Google XML Sitemaps」の設定方法【まとめ】

この一連の作業を行えばGoogleのクローラーがサイトを巡回してくれて、早めに検索結果に反映されるようになります。

せっかく書いたすばらしい記事をGoogleに認識してもらえるように、しっかりと設定しておきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました