ここを訪れた方の疑問が少しでも解決できればいいなと思ってます。
スポンサーリンク

Broken Link Checkerの設定方法と使い方

Broken Link Checkerでリンク切れを自動でチェックWordPress

ブログのリンク切れを簡単にチェックしたい

外部サイトへのリンク切れはそのまま放置しておくとSEO的によくありません。

ブログを見に来てくれた方に対しても、紹介先のサイトがなくなっていたらガッカリしちゃいますよね。

でもブログを運営して記事数も増えてくると、すべてのリンクを一つ一つチェックするのはなかなか大変です。

そんな時役に立つのが「Broken Link Checker」というプラグイン。

このプラグインを導入すれば、一括でリンク切れをチェックしてくれるので安心&楽チンです。

今回の記事ではその「Broken Link Checker」の設定方法と使い方をご説明します。

 

【プラグインをインストールするその前に】

新しいプラグインをインストールすると、たまに不具合が起こる可能性がありますので、いつでも復元できるようにしバックアップを取りましょう。

\ バックアップ方法はこちらから /
WordPressをプラグインで簡単バックアップ&復元
WordPressのバックアップってどうやって取ればいいの? WordPressのバックアップは定期的に取っておいたほうがいいって聞くけど、実際にどうしたらいいのかよく分かりませんよね。 バックアップの方...

「Broken Link Checker」とは

Broken Link Checkerアイキャッチ

「Broken Link Checker」は、自分のブログから外部サイトへのリンクを貼った中で、リンク切れがないかチェックしてくれる便利なプラグインです。

リンク先がいつの間にか閉鎖された場合など、自分ではなかなか気づきにくいですが、このプラグインを導入することでリンク切れを一括でチェックをしてくれます。

「Broken Link Checker」の主な特徴

  • ブログ内のリンクを自動的でチェックし、リンク切れを発見したらメールとダッシュボードで通知
  • リンク切れに対し、リンク解除や再設定が簡単にできる
  • 管理画面が日本語なので分かりやすい
  • YouTubeなどの動画の公開停止のチェックも可能

「Broken Link Checker」のインストールと有効化

それではBroken Link Checkerをインストールして使えるようにしていきましょう。

まずはWordPress管理画面、左側メニューから「プラグイン」→「新規追加」を選択し、の検索窓に「Broken Link Checker」と入力し、Broken Link Checkerが表示されたら「今すぐインストール」をクリック。

WordPress管理画面

 

インストールが終わったら「有効化」をクリックします。

Broken Link Checkerを有効化

これでBroken Link Checkerが使えるようになり、さっそくリンクチェックをしてくれます。

リンクの確認状況はWordPress管理画面のダッシュボードからも見ることができます。

WordPressダッシュボード

上記だと654個のリンクをチェックしていて、残り595個。1個のリンクエラーを発見したということになります。

「Broken Link Checker」の使い方

Broken Link Checker が検出したリンク切れエラーを確認してみましょう。

WordPress管理画面の左側メニューから、「ツール」→「リンクエラー」と選択。

WordPress管理画面左側メニュー

 

次の画面ではリンクエラーの一覧が表示されます。

カーソルを合わせるとリンクエラーのURLに対して、どのような対処をするかのメニューが表示されます。

リンクエラー一覧

 

表示されるメニューは以下の5つです。

URLを編集」:スペルミスなどによりリンクエラーになっているURLを修正できます。

リンク解除」:リンクを解除できます。ですがテキストは残ります。

リンクエラーでない」:リンクエラー一覧から削除されますが、リンクエラーがなくなるわけではありません。

無視」:リンクエラー一覧から一時的に削除されますが、こちらもリンクエラーがなくなるわけではありません。

再確認」:もう一度リンク切れをチェックします。

左側のチェックボックスにチェックを入れれば、一括操作でまとめて対処することも可能です。

「Broken Link Checker」の設定方法

次にBroken Link Checkerの設定をおこなっていきましょう。

設定をしておけば、定期的にリンクエラーをチェックしてくれたりするので便利です。

まずはWordPress管理画面の左側メニューから「設定」→「リンクチェッカー」を選択。

WordPress管理画面左側メニュー

「一般」の設定

設定が必要な個所を見ていきましょう。

各リンクをチェック

各リンクをチェック

リンクチェックをしてくれる間隔の設定です。

デフォルトでは72時間ごととなっていますが、自分は168時間(1週間)に設定しています。

そこまで頻繁にリンク切れが起こるわけではないので、1週間かそれ以上の間隔でもいいかなって感じです。

メールで通知

メールで通知

リンクチェックをした際に、リンクエラーが見つかったらメールで通知してもらうかの設定です。

WordPressの管理画面でもリンクエラーが見つかれば通知されるので、特に必要はないでしょう。その場合はチェックを外してください。

メールで通知してもらいたい方はチェックを入れておきましょう。

リンクの調整

リンクの調整

ここではリンク切れがあったときにどんな対応をするかの設定です。

基本的に3つともチェックを入れておくといいでしょう。サイトを見に来た方が削除されたのをわかりやすくします。

リンクエラーにカスタム css を適用する

設定すると下記のように表示されます。

例:リンク切れ

削除したリンクにカスタム css を適用する

設定すると次のように表示されます。

例:リンク切れ

どちらもcssを編集することでオリジナルの設定にすることができますが、デフォルトのままでも十分かと思います。

検索エンジンに壊れたリンクをたどらせない

リンク切れの場合に「rel=“nofollow”」を付ける設定です。
設定することで検索エンジンの評価を下げることを防いでくれます。

含まれるリンクを探す

こちらはデフォルトでOKです。

含まれるリンクを探す

チェックするリンクの種類

こちらもデフォルトでOK。

チェックするリンクの種類

プロトコル & API

これもデフォルトでOKです。

プロトコル & API

高度な設定

ここは1ヶ所だけ変更します。

負荷がかかるのでリンクモニターの「バックグラウンドで1時間ごとに実行する」のチェックを外してしまいましょう。

リンクモニター

 

設定は以上です。

【まとめ】Broken Link Checkerの設定方法と使い方

手動でリンク切れを探すのはなかなか骨の折れる作業ですが、このプラグインがあれば簡単に探すことができます。

リンク切れがあるのはSEO的にもよろしくないですし、なによりもせっかくサイトを見に来てくれた方のストレスになってしまうでしょう。

Broken Link Checkerを使ってリンク切れのない気持ちのいいサイトにしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました