ここを訪れた方の疑問が少しでも解決できればいいなと思ってます。
スポンサーリンク

ビットコインキャッシュ(BCH)のハードフォークが無事完了

仮想通貨
2018年5月16日午前1時頃にビットコインキャッシュ(BCH)のハードフォークが無事に完了しました。

ハードフォークで何が変わったの?

今回のハードフォークでビットコインキャッシュ(BCH)がどうなったかと言うと、ブロックサイズが8MBから32MBに増えて、スマートコントラクトの導入ができるようになりました。

ブロックサイズが8MBから32MBになったことで、BCHの取引量が増えたときに送金詰まりが起きにくくなって、送金スピードも速くなるとのことです。
ぼっちはBCHを保有してはいるのですが、一度も送金したことは無いので送金詰まりを経験したことは無いのですが、スピーディーに送金できることに越したことはないですね。
あとはスマートコントラクトが導入できるということですが、スマートコントラクトでまず始めに思い浮かぶのはイーサリアムですね。
ということは、ビットコインキャッシュもイーサリアムのような通貨以外の色々な使い方ができる、ということになるので、ビットコインキャッシュとイーサリアムが今後競合していくということになるんですかね?
そうなるとこれはなかなか面白そうです。

ハードフォーク後の気になる価格

さて、ハードフォークすると結構気になるのが価格ですよねw ビットコインキャッシュのハードフォークでBCHの価格がどうなったかと言うと・・・
目立った変化は無い・・・というか順調に下がってるw
ぼっちは今回のハードフォークで価格が上がるかなぁなんて予想を立ててたのですが、う~ん外れました。
でもビットコインキャッシュがさらに便利になったのは確かなので、これから徐々に価格は上がっていくいでしょう。上がってほしい!w
また年末に向けてどんどん盛り上がってほしいと思う今日この頃です。
そんなビットコインキャッシュ(BCH)を買うなら全板取引で取引手数料の安い(ていうか取引手数料がマイナス)『Zaif』がおススメです。
ちょっと前にBCHがダブって入金されるトラブルがありましたが、でもおススメ。だって取引手数料安いんだもん。
そんなわけで『Zaif』の口座開設がまだの人はこちらからどうぞ~

コメント

タイトルとURLをコピーしました