money_kasoutsuuka_b

「仮想通貨」は投資だけじゃありません!


実は色々な可能性を秘めた新しい技術なんです。


「え~仮想通貨ってなんかあやしそ~」と思ってる方も多いかと思いますが、仮想通貨はその技術を応用することによって、インターネットが普及したときのように、私たちの生活をより便利に変えてくれるとても面白いものです。


初心者の方でも理解できるように、その仮想通貨がどんなものなのかを、できるだけわかりやすく説明をしていきましょう。



そもそも仮想通貨ってなんなの?


仮想通貨を一言で言うなら、インターネット上のデータとしてのお金、「電子マネー」です。


実際に手に取ることのできないインターネット上のみに存在するお金」、仮想のお金、つまり仮想通貨。


厳密に言うと「仮想通貨」と「電子マネー」はまた別のものにはなるのですが、初めはデータ上にしかないお金という認識でOK。


ちなみに英語で仮想通貨のことを何と言うかというと、「crypto currency(クリプトカレンシー)」です。


cryptoは「暗号」currencyは「通貨」という意味なので、「暗号通貨」と呼ばたりもします。


なんで暗号なの?と言うと、仮想通貨では「暗号技術」というものが使われているからなんですね。


「仮想通貨」と「暗号通貨」、日本ではどちらも同じ意味で使われていますが、仮想通貨と呼ばれるのが一般的です。




仮想通貨とビットコイン


電子マネーはずいぶん前からありましたが、2008年にビットコインが誕生!


それから「え?何その技術、メッチャすごくね!?」という感じで「crypto currency」や「仮想通貨」「暗号通貨」という言葉が急激に広まり、ビットコインなどの仮想通貨の技術を利用した電子マネーが仮想通貨と呼ばれるようになります。




仮想通貨の種類


2008年にビットコインが誕生し、その後さまざまな仮想通貨が次々と誕生しています。


2018年には、その数1,600種類以上!!そしてその数はまだまだ増え続けています。


でも、誕生した仮想通貨の全部にに価値がついている訳ではなくて、中には途中で開発が止まっているものとか、使い道の分からないネタコインなども多く含まれているもの事実。


仮想通貨はその技術を使って「通貨」としてだけじゃなく、それ以外の色々な使い道で利用しようとしている人たちがいるので、種類がどんどん増えています。



みなさんも知っている、仮想通貨の中で一番有名な「ビットコイン」は決済に特化したコインですが、「イーサリアム」というビットコインの次に有名な仮想通貨は、決済以外にアプリケーション開発にも使えたり、他にも色んな用途を考えてさまざまな仮想通貨が開発されています。




仮想通貨で投資


価値が変動するというのも、仮想通貨の大きな特徴の1つです。


それを利用して仮想通貨を売買し、利益を出す事ができます(もちろん損をすることもあります)。


仮想通貨はインターネット上の「仮想通貨取引所」というところで売買する事ができて、日本円で仮想通貨を買ったり、仮想通貨を売って日本円に変えることもできます。


例えば仮想通貨取引所で、1BTC(BTCはビットコインの単位)を10,000円で買って、その1BTCを15,000円で売ることがでたとすると、それだけで5,000円の儲けを出せます。


仮想通貨は1日の値動きが大きいのでリターンも大きく、さらに小額からでも始められるためそれまで投資に全く興味がなかった人までも巻き込み、さらにはビットコインが一時期ものすごい値上がりをしたため、これによって仮想通貨投資が一気に過熱。


「億り人」なんて言葉も誕生し、仮想通貨バブルと言われてメディアでも頻繁に取り上げられました。


こんな感じで、今のところ投資対象として人気ですが、でも仮想通貨の本当の凄さは、それを支える「ブロックチェーン」という技術です。


投資対象としても面白い商品だとは思いますが、仮想通貨はどんな仕組みでできているのか、その仕組みがどう世界を変えていくかに注目すると、さまざまな面白い未来が見えてきてワクワクしてします。




仮想通貨の魅力


とりあえず言いたいのは、仮想通貨の魅力は投資だけではないということです。


もちろん投資対象としてもとっても魅力的です。実際に仮想通貨投資で利益を出した人はたくさんいるでしょうし、自分も買ってます(損してますがw)


でも仮想通貨の元となってるブロックチェーン技術は近い将来、インターネットの登場と同じくらい、生活をより便利に、より豊かにしてくれる可能性がたくさん詰まっています。


そんな面白い仮想通貨の未来を、このブログで少しでも伝えていければと思います。