20180917214224
「楽天」が仮想通貨取引所の「みんなのビットコイン」を買収して、本格的に仮想通貨事業に参入することを発表しました。

「楽天」といえば日本最大級のネット通販、楽天市場が有名ですね。

みなさんも一度は利用したことがあるのではないでしょうか?

「楽天グループ」はネット通販だけではなく、楽天銀行や楽天トラベル、楽天証券など色んなジャンルに事業を展開しているわけですが、今回はなんと仮想通貨事業に進出してきました。

「楽天」が仮想通貨取引所「みんなのビットコイン」買収

8月31日に楽天の子会社の「楽天カード株式会社」を通じて、「みんなのビットコイン」を買収しました。

「みんなのビットコイン」とは

今年4月に金融庁から業務改善命令を受けている、仮想通貨取引所で、仮想通貨交換業者に登録されていない、いわゆる「みなし業者」です。

今回、楽天グループの参加に入ることによって、業務改善命令で指摘された事の改善やセキュリティー面の強化など、仮想通貨交換業者として必要な改善を行うそうです。

今後、楽天グループのもとで準備を整え、仮想通貨交換業者の登録に向けて進んでいくことになると思います。

「楽天」の仮想通貨事業参入について

楽天は楽天銀行や楽天証券など金融事業にも参入していますので、仮想通貨関連事業はすごく相性がいいはずです。

楽天証券の顧客に仮想通貨での資産運用を提供したり、仮想通貨取引所への日本円の入出金に楽天銀行を使えば手数料を大幅におさえられるサービスも今後出てくるかもしれません。

金融関係のノウハウをいかしたサービスを仮想通貨事業にも取り入れ、楽天グループ全体と関連付けて事業を展開することが可能ですので、今までにない仮想通貨取引所となる可能性があります。

さらには、2019年にロシアで独自通貨の「楽天コイン」を発行することも発表していますので、こちらも気になるところです。

楽天コインの可能性

詳しいことは発表されていないので、まだまだ分からないことが多いのですが、「楽天コイン」はものすごい可能性を秘めているんじゃないかと思います。

まず仮想通貨取引所を運営するのであれば、バイナンスの「BNB」のような取引所トークンのような形で採用される可能性があるでしょう。

そして楽天といえば「楽天ポイント」!

楽天ポイントは、楽天で買い物をしたりサービスと利用することによって貯めることができて、その貯めたポイントでさらに買い物やサービスを利用することができます。

これが「楽天コイン」でもできるようなったらどうでしょう。

仮想通貨の基軸通貨といわれるビットコインでも、日本だとまだまだ使えるところはかなり限定されてしまいます。

でも「楽天コイン」が楽天グループ全体で利用できるとなれば……物凄い流動性が生まれます。

さらに、「楽天コイン」と「楽天ポイント」が交換できるとすると、「楽天コイン」は仮想通貨なので価格が変動すると思うのですが、「楽天コイン」の価格が上がってるときに「楽天コイン」を「楽天ポイント」に交換、「楽天コイン」の価格が下がってるときに「楽天ポイント」を「楽天コイン」に交換、なんてことも可能になってきます。

楽天という巨大なグループが仮想通貨を作ると、こんなにも可能性が広がるのかと驚きますね。

まとめ

途中から「楽天」が仮想通貨事業に参入するとどうなるかの予想になってしまいましが、おそらく大きくは間違ってないんじゃないかと思います。
  1. 楽天コインで買い物や決済ができる。
  2. 楽天コインと楽天ポイントが交換できる。
  3. 買い物をすると楽天コインがたまる。
これだけでも今までの仮想通貨には無い流動性を確保することができるでしょう。

楽天での買い物で楽天コインがたまって、たまった楽天コインで買い物ができる。

ポイント的な使い道になりますが、今まで仮想通貨に興味が無かった人に対してはグッと身近なものになるでしょう。

そして、「みんなのビットコイン」を傘下におさめて、楽天グループの中のほかの事業とどう絡めていくのか、今までの仮想通貨取引所とは違った未来を見せてくれそうで楽しみです!