20180902221955
このブログでも何度かご紹介している、仮想通貨アプリ『コイン相場』ですが、ついにウォレット機能が追加されました。
coinsouba1

これまでもいろいろ便利な機能が満載でしたが、これでさらに便利になりましたね!

公式サイトのブログはこちら→【COINJINJAブログ

対応しているコイン

coinsouba5
  • BTC ビットコイン
  • BCH ビットコインキャッシュ
  • ETH イーサリアム
  • XRP リップル
  • DASH ダッシュ
  • ETC イーサリアムクラシック
  • LTC ライトコイン
  • SC シアコイン
こちらの8種類。

主要なコインはほとんど対応しているので、これなら不便はなさそう。

近々「EOS」も対応するようです。

さらには、イーサリアムのERC20ベースのトークンにも対応してるとの事なので、ほとんどのICOにも対応できますね。

コイン相場のウォレット間の送金は手数料が無料

これもなかなか便利そう。

特殊なアルゴリズムを搭載することによって、コイン相場アプリ同士の送金であれば手数料がかかりません。

送金手数料って結構地味に効いてくるんですよね。

もし友達も「コイン相場」のアプリを導入していれば、数秒で手数料がかからず仮想通貨を送金できます。

コイン相場のアプリ外、例えば取引所などに送金する場合は手数料がかかるので気をつけましょう。

エアドロップQでもらったコインも送金できる

20180826225401

コイン相場アプリの機能で、クイズに答えて仮想通貨がもらえる「エアドロップQ」というのがあります。

これまでは、もらった仮想通貨が送金できなかったので、クイズに答えてもただ貯まるだけったのですが、ようやく送金できるようになるようです。

9月上旬くらいにこの機能が実装されるようなので、もうちょっとですかね?

送金できるようになれば、もらったコインを上場している取引所に送金して売ってもいいですし、もらったものなので友達にアプリ内で送金して、プレゼントしちゃってもいいですね(笑)

『コイン相場』ウォレット機能の導入の仕方

まだ「コイン相場」のアプリをダウンロードしていない方はこちらから。
まずはコイン相場のアプリを起動します。
coinsouba3
アプリが起動したら、画面したのメニューから①の「ピックアップ」をタップし、②の「ウォレット」をタップ。

coinsouba2

次に「ウォレットを作成」をタップ。

coinsouba4
次にウォレットのPIN設定をします。パスワードってことですね。

ここで6桁の数字を入力します。

忘れてしまうとウォレットを開くことができなくなってしまうので、6桁の数字は何かにメモしておきましょう。

これでウォレットの導入は完了です。

簡単なので説明するほどでは無かったですね(笑)

バックアップキーを取得する

これ重要です。

スマホを機種変したときなどに必要になりますので、必ずバックアップキーを控えておきましょう

coinsouba8

まずはコイン相場アプリのウォレット開いた画面で、右上の「歯車」のマークをタップ。

coinsouba6
次の画面で、「バックアップキー」をタップ。

coinsouba7
次に①の「シークレットキーをコピー」をタップして、バックアップキーをコピーします。

そうするとかなり長い文字がコピーされますので、それをどこかにペーストしてしっかり保存して置きましょう。

保存したら②の「バックアップ完了」をタップして終了です。

仮想通貨アプリ『コイン相場』について

今回、ウォレット機能が追加されて、ますます便利になりました。

このアプリ1つで、
  • 気になるコインの相場が見られる
  • 仮想通貨関連のニュースが見られる
  • 取引所と連携させて取引ができる
  • 取引所やウォレットと連携させて資産管理ができる
  • クイズに答えて仮想通貨がもらえる
  • ウォレットに仮想通貨を保管できる
これだけのことができちゃいます。

これは代表的な機能で、この他にもまだ機能はあります。

もちろんこのコイン相場には無くて、他の仮想通貨アプリにはある機能もあるのですが、大抵のことはこのアプリ1つで済んでしまいそうですね。

とっても便利なアプリですので、ぜひ利用してみてください。