DSC_0246
スマホを機種変した時、Googleの2段階認証は引き継ぎできません。

前に使っていたスマホで2段階認証を設定したときに「QRコード」をスクリーンショットで保存していればそれを読み込むだけなので簡単なのです。

ですが、初めて設定したときなどは保存しておかなければいけないことを知らなかったりするので、その場合は2段階認証を再設定する必要があります。

ぼっちはことごとく保存してませんでしたw

みなさんも保存し忘れていませんか?

そんな方に今回は国内の仮想通貨取引所『coincheck(コインチェック)』の2段階認証の再設定をご案内します。

ちなみにコインチェックはぼっちが始めて2段階認証の設定をした取引所でもあります。

あの頃は仮想通貨が爆上げするちょっと前だったなぁ~

2段階認証の解除

それでは再設定を始めましょう!

まずは2段階認証の解除からです。「コインチェック」にログインしましょう。

20180702230509
ログインしましたら、画面右上にある「設定」をクリック。

20180702230542
次の画面で「二段階認証」をクリック。

20180702230605
現在古いスマホで表示される「2段階認証コード」を入力し、右の「設定解除」クリック。

これで2段階認証を解除することができました。

2段階認証を再登録

20180702230651
先程、2段階認証を解除した後に上の画面になってると思いますので、「設定する」をクリックします。

20180702230956
そうしますと「QRコード」と「バックアップキー」が表示されるので、新しいスマホのGoogleの2段階認証アプリからこのQRコードを読み込みましょう。

このとき古いほうのスマホでも読み込んでおくと、新しいスマホに何かあったときに便利です。

「QRコード」を読み込んだらこの画面はスクリーンショットを撮って保存するか、プリントアウトして大事に保管しましょう。

次にスマホの機種変をするときは、この「QRコード」を読み込むだけで設定完了です。

最後に、新しいスマホのGoogleの2段階認証アプリに表示されている「coincheck(コインチェック)」の2段階認証コードを入力し、「設定」のボタンをクリックすれば2段階認証の再設定は完了です。


「コインチェック」は経営の母体が変わったり取り扱っている銘柄が減ったりと、最近かなりバタバタしてる感じですが、まだみなし業者とはいえ日本を代表する仮想通貨取引所の一つだと思います。

現在、日本の取引所に対する規制が厳しくなってきている状況ですが、コインチェックも仮想通貨交換業者登録に向けて体制を整えている最中のはずなので、これからがんばってほしいですね。

ぼっちが初めて仮想通貨の取引所に登録して、実際に仮想通貨を取引したところですから。